FC2ブログ

アフタヌーンティー

暑い夏のある日。
友人たちに会いに、1泊2日で大阪へ行ってきました。

1日目、東京の友人と現地(大阪)で待ち合わせ♪
大阪で思いがけない人と出逢ったり、大阪の友人と私の知り合いがつながっていたり…と、とても不思議な出会いが色々ありました。
そして、大阪といえば”お好み焼き”ということで、昔ながらのお好み焼き屋さんに連れて行ってもらったり、カフェでパフェを注文したらとってもBIGなパフェが出てきてびっくりしたり(笑)と、とっても楽しくてしあわせな盛りだくさんな1日でした。

翌日は、大阪に行ったら訪れたいと思っていた”大阪リッツカールトン”へ♪
東京の友人と、夫と3人で。
リッツ1
クラシカルで落ち着いた雰囲気のホテルで、装飾品もステキなものばかり!
溜め息が出るくらいとってもステキな空間!
私たちの目はキラキラ輝いてきました!!

→右下をクリックして、リッツカールトンの優雅なひとときをお楽しみください。

続きを読む »

スポンサーサイト



ころがし

5月6日、やさしい雨が降っていた午後。
夫と、呉羽山にある雑貨&カフェの”ころがし”さんへ行ってきました。
ころがしさんは知り合いが働いておられるお店で、落ち着いた雰囲気のすてきなお店です。
雑貨は主にアジアン雑貨が中心で、カフェコーナーからは、富山市の中心部を見渡すことができます♪
店内1
前回伺った時は、桜の季節でした。
今回は藤や新緑が美しい!
雨で光る新緑の眩しさに、心が洗われるよう。

晴れている日は、立山連峰を見ることができます。
その日は雨模様でしたが、薄っすらと立山を見ることができました。
雨の日は、霧のベールがかかったような幻想的な風景を見ることができて、雨の日もすてき~♪
店内2
心地のいい音楽と、素晴らしい景色、そして美味しいコーヒー。
これ以上の至福の時間があるのかしら…と思えるくらい、とってもしあわせなひとときでした。
店内
庭に咲いていたナニワイバラを持っていったら、早速生けてくださいました。
一見、ツバキのように見えますが、バラなんです。
白く楚々としたやさしいバラです。
ナニワイバラ
コーヒーカップに映ったバラは、何を想っているのでしょう。
コーヒー
心和むひとときを過ごした私たちは、あたたかい気持ちでいっぱいになりました。
またすぐに行きたくなるお店です。
今度はどんな景色を見せてくれるのでしょう♪

茶歌舞伎

ふたばCafeの次の日、いつも中国茶講座を受講しているお店で「茶歌舞伎」が開かれたので、参加させていただきました。

中国宋の時代にお茶の産地やお茶をたてる水の種類を判別し合って勝負をきめていた「闘茶」が日本に伝来し、日本では「茶歌舞伎」という形で室町時代に盛んにおこなわれたそう。  
今回は日本茶の茶歌舞伎の様式をヒントに、中国茶で茶歌舞伎を…という企画でした♪
茶歌舞伎
今回は台湾の烏龍茶5種を当てる茶歌舞伎でした。
(文山包種茶、高山茶、凍頂烏龍茶、木柵鉄観音、東方美人)
一通りのお茶をお茶名を確認しながら味わってから、二回目は順番がバラバラに出てくるので、香りや味でどのお茶かを当てる…という、とってもドキドキわくわくの楽しいお茶会でした。

→右下をクリックして、茶歌舞伎の続きをお楽しみください。

続きを読む »

GOUTER de ROI *王様のおやつ*

先日、夫が会社の先輩からラスクをいただいてきました。

ガトーラスク”GOUTER de ROI(グーテ・デ・ロワ)”
王様のおやつ
前に友達からもらって食べたら、とっても美味しかったので、また食べたいと思っていたんです!
また食べれるなんて、夢のよう♪
プレーンと、初めて食べるホワイトチョコレートのラスク♪
プレーンはバター風味が芳ばしく、ホワイトチョコレートは濃厚で食べ応え充分!

フランスでは、お茶会のことを「グーテ・デ・ロワ(王様のおやつ)」と言うそうです。
ちょっと贅沢な気分で、お茶の時間を楽しみました♪

先輩は、東京へ出張に行かれた際に、並んで買ってきてくださったそうで…。
感謝・感謝の「王様のおやつ」タイムでした♪

パンダでパンだ♪

先週末、雪が降る中、お菓子作りの道具を買いに出掛けたのですが、
そこで面白くて可愛いものを発見!

その名も「サンドでパンだ」♪
パンダでパンだ♪
可愛い!パンダとネーミングに一目惚れして、すぐに購入~(笑)

早速、使ってみました!
食パン2枚の間に好みの具を入れて「サンドでパンだ」でキュッと型押しするだけ♪
パンダでパンだ♪2
ゆで卵のサンドイッチと、バナナ&メープルシロップのサンドイッチを作りました。
簡単・手軽に出来て、その上何だか愉快な気分(笑)
これからも「サンドでパンだ」は、我が家で大活躍しそうな予感です!

※ちなみに、私はこの可愛いパンダの型押しを、「パンダでパンだ♪」と呼ぶことにしました(笑)