FC2ブログ

アフタヌーンティー

暑い夏のある日。
友人たちに会いに、1泊2日で大阪へ行ってきました。

1日目、東京の友人と現地(大阪)で待ち合わせ♪
大阪で思いがけない人と出逢ったり、大阪の友人と私の知り合いがつながっていたり…と、とても不思議な出会いが色々ありました。
そして、大阪といえば”お好み焼き”ということで、昔ながらのお好み焼き屋さんに連れて行ってもらったり、カフェでパフェを注文したらとってもBIGなパフェが出てきてびっくりしたり(笑)と、とっても楽しくてしあわせな盛りだくさんな1日でした。

翌日は、大阪に行ったら訪れたいと思っていた”大阪リッツカールトン”へ♪
東京の友人と、夫と3人で。
リッツ1
クラシカルで落ち着いた雰囲気のホテルで、装飾品もステキなものばかり!
溜め息が出るくらいとってもステキな空間!
私たちの目はキラキラ輝いてきました!!

→右下をクリックして、リッツカールトンの優雅なひとときをお楽しみください。

大阪の友人とホテルのロビーで待ち合わせ。
彼女が来るまで時間があったので、私達はホテルを探検することに♪
リッツ2
真っ先に、Sweetsのコーナーをチェック!(笑)
とっても大きなマカロンや、生ブリオッシュ、季節のケーキの数々が美しくショーケースに並んでいて、とっても美味しそう!
ベーカリーのコーナーも誘惑のパンがいっぱいで…。
後でアフタヌーンティーする予定だったので、ガマン☆ガマン☆☆
フロントや、お化粧室、階段、ギフトコーナー…どこを見てもあまりのステキさに、うっとりしてしまいました♪
調度品はどれも素晴らしく、天使をモチーフにしたものが多かったのがとても印象的でした。

大阪の友人も合流して、4人でのんびりとティータイム♪
色んな話題に花が咲きました。
大阪の友人は用事があるため途中で帰り、3人でそのままアフタヌーンティーを楽しむことに♪
(事前に電話で予約しておきました。人気なので要予約です☆)
まず最初に、前菜、小さなサンドウィッチ、バケット、タルトなどが出てきました。
美味しいお紅茶と共に♪
ディッシュ
次に、3段のケーキスタンドが登場!
タワー
1段目は、小さなケーキ3種類(ミルフィーユとタルトとチョコレートケーキ)
2段目は、焼き立てスコーン2種類(プレーンなスコーンと、オレンジとココナッツのスコーン)、ストロベリージャム。
3段目は、マンゴーのマカロンと、マンゴーのムース。

友人や夫は「見ているだけでお腹いっぱいになるよぉ」と言ってましたが、私の目はハートに(笑)
のんびり時間をかけてお茶していたので、お紅茶でかなりお腹はいっぱいになったのですが、でもこれとそれとは別です!(笑)
もちろん私は全部きれいに完食しました♪

途中で、ピアノとヴァイオリンの生演奏があって、美しい音色を聞きながらのとてもステキなティータイムとなりました。
店員さんもとても丁寧・親切に対応してくださって、感謝感謝です。
初めての大阪リッツカールトンは、感動の連続でした。
今回はアフタヌーンティーだけでしたが、今度は泊まってみたいなぁ♪

リッツカールトンを出た私たちは、また別の友人と待ち合わせのため京都へ。
友人は大阪の人なのですが、仕事で京都に行っていたので、彼の仕事が終わるのを待っている間に京都も堪能できると思って、京都へ移動しました。
帰る時間が迫っていたので京都滞在はちょっぴりだけでしたが、友人に会えたし、夏の京都の雰囲気を味わえたので嬉しかったです。
今まで大阪はあまり旅行したことがなかったのですが、東京とはまた違った味わいがあって、とても面白かったです。
また今度大阪を訪れる日を、今からとっても楽しみにしています♪

Comments

今晩は。ビアフェス以来久しくしておりますが、お元気そうで何よりです。
リッツは独身の頃一度泊まってみようと思いましたが、自分にはまだ早いと思い直し、泊まるのを止めたことがあります。
勿論今でも泊まるのははばかられますが、そんな素敵なティーサロンがあるのでしたら、一度利用してみたいものです…。

mazinnさんへ

こんばんは☆お久しぶりですi-179
mazinn さんもお元気そうで何よりです。
リッツカールトン、mazinnさんならきっとお似合いだと思いますi-184
私もいつか泊まってみたいと思い、とりあえず下見に(笑)
ティーサロンへ行ってみましたi-236
友人曰く、東京と大阪では、同じリッツカールトンでも
少し雰囲気が違うようで…i-189
どちらにも泊まってみたいと夢見ていますi-260
涼しくなった頃に、また皆さんでワインなど楽しみたいですねi-281
mazinnさんファミリーにお会い出来る日を、
とっても楽しみにしていますi-194

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)